コラム

TOP > コラム > 予防接種のQ&A③

2021.02.17

予防接種のQ&A③



病気で長期療養していた場合の予防接種

2013年から長期療養など特別な事情で予防接種を受けられなかった場合、その特別な事情がなくなった日から起算して2年を経過するまでの間は定期接種の対象者となります。特別な事情としては

①下記の疾患
(ア) 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病
(イ) 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍
性大腸炎、ネフローゼ症候群、その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
(ウ) (ア)又は(イ)の疾病に準ずると認められるもの
②臓器移植を受けた後、免疫抑制治療を受けたこと
③①、②に準ずると認められるもの

この場合、四種混合は15歳まで、BCGは4歳まで、Hibワクチンは10歳まで、肺炎球菌ワクチンは6歳になるまで、定期接種として受けることが可能です。
 

海外渡航および帰国後の予防接種

国や地域によって必要な予防接種が異なります。A型肝炎、狂犬病、髄膜炎菌、腸チフス、ダニ媒介脳炎、コレラのワクチンなどを検討する必要があります。詳しくは渡航者外来を専門とする医療機関や厚生労働省の情報サイト「FORTH」でも情報が確認できます。
(FORTH https://www.forth.go.jp/index.html
 

生ワクチンと不活化ワクチンとの違い

生ワクチンは病原性を極度に弱めたウイルスや細菌を使用したものです。
不活化ワクチンは大量に培養されたウイルスや細菌からウイルス粒子や細菌の勤怠を集めて精製した後、ホルマリンなどの薬剤を用いて処理し、病原体の活力を失わせて不活化したものをワクチンとしたものです。百日咳やインフルエンザワクチンのように感染防御に働く抗原の部分を生成したワクチンもあります。
 

ワクチン接種後はよくもんだ方がよいか?

以前は接種部位を揉んでいる習慣がありましたが、現在は特別推奨はされていません。

心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。