コラム

TOP > コラム > 鼻腔異物

2020.11.13

鼻腔異物



鼻腔異物とは
 
6歳以下の子どもでは、「何かを鼻の中にいれてしまうこと」は決して珍しいことではありません。
実は私も小さい時にパチンコ玉を鼻の中に詰めてしまったことがあったそうです。耳鼻科で摘出をして事なきを得たそうです。。
そして、先日私の3歳の娘も鼻の中に丸いチョコレートを詰めてしまいました。耳鼻科受診の準備をしていたところで、くしゃみで排出しましたが。
子どもは興味心から大人の想像を超えることをするものですね。。遺伝するわけではないのですが。。


今回は鼻腔異物で大切なことを記載致します。
 


状況把握 

子どもは鼻腔に物を入れて取れなくなってしまった時、大人がその場にいないことが多いです。その後、兄弟が教えてくれることや本人が伝えてくれることが一般的と思います。よくある入れてしまうもの

・ビーズ玉
・BB弾
・丸い形のお菓子(チョコ、ガム、アメなど)
・果物の種(サクランボ、ブドウなど)

伝えられた時は、突然怒っても仕方ないので、「伝えてくれてありがとう」と伝え下記の対処法を行いましょう。
 


家でできる対処法
 
一番大切なことは無理をしすぎて鼻出血させないことです。

綿棒などをいれるのはよくありません。反対の鼻を抑えて、鼻をかんで、飛び出してこなければ必ず受診しましょう。
 


医療機関での対応方法
 
耳鼻科受診がおすすめです。耳鼻科では鼻腔ファイバーで観察を行い、吸引や鑷子などを駆使して摘出します。小児科ではアンビューバック法といって泣いている状況で口にアンビューバックを構えて、対側の鼻を抑えて空気を吹き込む方法もありますが、耳鼻科で摘出する方が安全性は高いと思います。
 


ご家族の方へ
 
不思議なことに子どもは穴に物を入れる作業が好きです。興味本位から大人が思いもしないことをするものです。耳の中や鼻の中に物を入れたり、食べ物でないものを飲み込んだりします。
起こってしまった場合は、慌てずに病院を受診しましょう。夜間の場合は#8000や夜間救急病院に相談した上で受診をするのがおすすめです。


心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。