コラム

TOP > コラム > 百日咳

2020.06.09

百日咳



百日咳とは 
百日咳は百日咳菌(Bordetella pertussis)という細菌によっておこる気道感染症のことです。
1歳以下で感染すると重症化することが知られています。
 


症状
 
臨床症状は3段階に分かれます。

 ①カタル期(約2週間) 
2週間程度の無症状な潜伏期間があり、その後かぜ症状(軽い咳、鼻汁)が始まります。徐々に咳嗽症状が強くなります。

 ②痙咳期(約3週間) 
典型的には顔を真っ赤にしてコンコンと激しい発作性の咳嗽、最後にヒューっと音を立てて息を吸う発作になります。(スタッカートとウープ)
このような特徴的な咳嗽をレプリーゼと呼びます。発熱はあまり目立ちませんが、あまりに咳嗽症状が強いので、顔がむくんだり、目が充血することもあります。
また、1歳以下の子どもでは呼吸をとめてしまうこともあるので、特に注意が必要です。

 ③回復期(約3週間) 
時おり発作性の咳嗽がでますが、徐々に回復していきます。
 


診断・治療
 
診断は、血液検査による抗体検査と培養検査があります。診断された場合は、抗生剤投与を5日間行います。
登園は、特有の咳嗽が消失するか、5日間の適正な抗生剤投与が行われなければなりません。保健所への届け出が必要な感染症ですので、必ず小児科に受診しましょう。
 


感染経路
 
飛沫感染によって口や鼻から感染したり、皮膚からの接触感染により感染します。
 


潜伏期間
 
5日~21日の潜伏期間を経て発症します。


 
予防接種に関して
 
母親からの免疫が十分でないため、1歳以下で感染すると重症化することが多いと知られています。予防接種開始前は年間に10万例の報告があり、その10%が死亡していました。現在でも年間1万人程度の報告がありますが、予防接種の影響で1歳以下の患者は減り、15歳以上の患者が増えています。

これを予防するために、中学校就学前に定期接種する2種混合ワクチンの代わりに3種混合ワクチンを打つことも認められています。(自費負担になります)


心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。