コラム

TOP > コラム > 感染性胃腸炎

2020.03.28

感染性胃腸炎



感染性胃腸炎とは
 
感染性胃腸炎はノロウイルスやロタウイルスなどが原因で起こる感染症です。年齢を問わず毎年主に冬に流行し、感染力も強いことが多いです。



症状
 
吐き気、嘔吐、および下痢症状がほとんどです。これらの全ての症状が出現することもあれば、一部の症状だけである場合もあります。また、高熱が出ないことも多くあります。ロタウイルスではクリーム色の下痢便が特徴的です。



診断・治療
 
便からノロウイルスやロタウイルスなどを診断するキットはありますが、診断によって特効薬などはありません。吐き気止めや、整腸剤などを使用した対症療法が中心となります。極端な脱水にならない限り、下痢止めは症状を遷延させることがあるため使用しません。脱水症状が強い場合には、点滴を行い水分・糖分・電解質補給をする場合があります。
登園・登校は、下痢、嘔吐症状がなく、食欲が改善した場合に可能です。


感染経路
 
糞口感染(嘔吐物や下痢便が口のなかに入ってしまう感染)だけではなく、接触感染や飛沫感染、空気中にウイルスを含む小粒子が舞い上がってしまう塵埃感染があり、強力な感染力があります。



潜伏期間
 
ウイルスにより多少異なりますが、平均1~2日とされています。



家庭で気を付けること 

①食事・水分
嘔吐が一度あったら、1時間は水分を与えないようにしましょう。直後に水分をあげると嘔吐してしまうことが多いです。1時間して本人が水分を欲しがるようであれば、スプーン一杯程度の少量の水分(経口補水液など)を開始しましょう。嘔吐がみられなければ少しずつ水分の量を増やしましょう。食事は無理に取らせず、消化のよいおかゆなどから始めましょう。

②お風呂
水分がよく取れていない場合は避けた方がよいでしょう。

③感染    
感染力が強力なので特別な清掃と消毒が必要です。



早めに受診した方がよい場合
 
半日以上おしっこがでない場合、顔色が悪くぐったりしている場合、夜間に水分がまったくとれない場合は、早めに受診をしてください。

心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。