コラム

TOP > コラム > リンパ節腫大

2020.11.18

リンパ節腫大



リンパ節腫大
 
頭の後ろや首の後ろにコロコロがあるというのは、小児科の受診理由でも珍しくありません。その大半は後頚部リンパ節腫大です。小児期は主に1㎝以内のリンパ節は正常であることが多いです。一般的には、有痛性の場合は感染症に伴う炎症性疾患が多く、無痛性は悪性リンパ腫や白血病などの腫瘍性疾患が多いと言われています。今回はリンパ節腫大の部位ごとに解説をします。
 


頸部リンパ節腫大
 
①多発性腫脹
小児期で一番頻度が高いリンパ節腫大です。両側頸部に痛みを伴うリンパ節がいくつも腫大します。感染に伴う反応が多く、伝染性単核球症や化膿性扁桃炎が鑑別に挙がります。無痛性の場合は白血病なども考慮し、血液検査を行います。
伝染性単核球症について詳細は下記↓
https://koala-syounika.com/column/2020-07-08-141638/

特徴的な肝脾腫や発疹、発熱を伴う場合は風疹の可能性もあるため、血液検査を行います。
風疹について詳細は下記↓
https://koala-syounika.com/column/2020-05-20-082635/


②孤発性腫脹
悪性リンパ腫では発熱を伴う場合とそうでない場合があります。急速に増大するリンパ節腫大の場合には注意が必要です。
化膿性リンパ節炎は黄色ブドウ球菌によることがほとんどです。局所の発赤や疼痛が強いのが特徴的です。
亜急性壊死性リンパ節炎は、白血球の減少を伴うリンパ節腫大が特徴的です。診断のために穿刺を行う場合もあります。
川崎病も孤発性のリンパ節腫大となります。不定形発疹や四肢末端の症状、眼球結膜の充血など他症状が出現していないか確認する必要があります。
川崎病について詳細は下記↓
https://koala-syounika.com/column/2020-05-22-101001/

他にも、猫ひっかき病、結核性リンパ節炎などの疾患が鑑別となります。
 


腋窩リンパ節腫大
 
乳児では以外にもBCGリンパ節炎が認められることがあります。BCG接種後数週間以内に、BCG接種側の液化に認められます。これは治療をする必要がないので、経過観察で十分とされています。
BCGの予防接種については下記↓
https://koala-syounika.com/column/2020-08-21-085552/



鼠径、腹部リンパ節腫大 
小児では悪性リンパ節、猫ひっかき病、亜急性壊死性リンパ節炎などが報告されているため慎重に経過観察します。
 
 

心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。