コラム

TOP > コラム > 鼻涙管狭窄

2020.07.13

鼻涙管狭窄



鼻涙管狭窄とは
 
私たちの目と鼻は鼻涙管という細い管でつながっています。涙をこらえていると鼻に涙がまわってくるのはこれが原因です。先天性鼻涙管狭窄はこの鼻涙管が生まれつきつまっている病気です。また、大人になってから鼻炎や蓄膿症などで鼻涙管がつまることを後天性鼻涙管狭窄と呼びます。
 


症状
 
生まれた後から、常に目に涙がたまっている様子がみられます。また、雑菌がたまりやすいために、眼脂が多い特徴があります。子どもによっては、生後半年ほどで自然に涙道が拡張し改善する場合があります。
 


検査
 
鼻の付け根を押すと涙が逆流して目からあふれてくるかで診断することができます。はっきりしない場合には、目の中に生理食塩水をいれ鼻に流れるかどうかチェックする涙道水試験を行うことがあります。
 


治療法
 
・点眼薬、マッサージ
生後半年から1歳までに鼻涙管が自然に開通する子どもは約半数といわれているため、点眼薬で感染予防を行い、経過を診ることが多いです。この際、目の内側の鼻の付け根を指でマッサージすることでさらに自然治癒率をあげることが知られています。

・涙道ブジー
涙道に先端を丸くした細い棒(ブジー)を挿入し、狭くなった鼻涙管を開通させる治療法です。

・涙道チューブ
ブジーを何度か行っても改善がない場合、数か月間シリコンチューブを留置する場合があります。
 

赤ちゃんの涙目や目やにが気になる場合は、お近くの小児科もしくは眼科にご相談ください。

心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。