コラム

TOP > コラム > 水ぼうそう(水痘)

2020.04.03

水ぼうそう(水痘)



水ぼうそうとは
 
水ぼうそうは、水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染することによっておこります。水痘という病名の感染症で、10歳までにかかることが多いです。



症状
 
おかな・背中まわりに始まり、頭や顔や手足にかゆい発疹が広がります。通常、4,5日程度で全てかさぶた化することが多いです。予防接種をしていると、症状がほとんど出ない方も多いです。



診断・治療
 
診断は、発疹の形や症状から行います。治療は、抗ウイルス薬(バルトレックス)の内服を行うことで、水痘の数、持続時間が少なくすみます。かゆみを軽減し、更なる広がりを予防するために塗薬(カチリ)を使用します。
登園・登校は、全ての発疹がかさぶた化し、食欲水分がとれるようになったら構いません。
かさぶた化の判断が難しい場合が多いので、受診して治癒証明を確認することをおすすめします。



感染経路
 
飛感染力はとても強く、同じ空間にいるだけで感染する(空気感染)、くしゃみや咳から感染する(飛沫感染)、発疹に触ってしまうと感染する(接触感染)があります。



潜伏期間
 
2週間程度の潜伏期を経て発症します。



家庭で気を付けること
 
①食べ物 発熱がある場合は水分をしっかり摂るようにしましょう。
②お風呂 発疹が出ている間はシャワー浴にしましょう。泡立てた石鹸で軽く洗う
     ようにしてください。タオルの共有は避けましょう。
③感染  妊娠中に水痘を発症すると流産や先天性症候群のリスクがあります。
     水痘にかかったことがない場合は、妊娠前に予防接種をうけましょう。
     (予防接種後2か月は妊娠を避ける必要があります。)



早めに受診した方がよい場合
 
水ぼうそうを疑った場合は、早めに受診し、薬の内服を始めましょう。なるべく早く治療を開始することで発疹の広がりを防ぐことができます。
ご兄弟や幼稚園などで水ぼうそうの方がいた場合は、感染していないか注意しましょう。



心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。