コラム

TOP > コラム > 顔面神経麻痺

2020.12.21

顔面神経麻痺




顔面神経麻痺とは
 
顔面神経麻痺は、顔の筋肉の一部が動かなくなる症状です。麻痺を起こす原因は様々な原因があります。小児においては大人よりも生まれつきの先天性まひが占める割合が多いです。また、中耳炎や腫瘍や白血病などの原因によって引き起こされることもあるため注意が必要な症状です。
 


原因 
・先天性顔面神経麻痺(生まれた時からの麻痺)
全出生時のうち、1000人に2人程度の確率で起こるといわれています。分娩時外傷、子宮内体位性で起こる場合もあります。
・後天性顔面神経麻痺
成人と同様に特発性顔面神経麻痺(Bell麻痺)が多いです。これはヘルペスウイルス(HSV-1)が再活性化することで麻痺が起こるといわれています。また、子どもにおいては中耳炎(真珠腫)より発生する麻痺もあるため注意が必要です。
 


診断
 
診察時に眼をつぶったり、口をすぼませたりすることで麻痺の程度を診断します。原因として頭蓋内に異常がないかを確認するため、頭部CTやMRIを行うこともあります。子どもでは顔面の筋電図を撮ることが難しいことも多いです。
 


治療・予後
 
BELL麻痺ではステロイドやビタミンB12や神経代謝改善薬などを投与することが多いです。場合によってヘルペスウイルスに対しての抗ウイルス薬を投与する場合もあります。ステロイドの使用に関しては施設ごとに判断が分かれている現状があります。いずれの治療法であっても治癒率は70~90%の治癒率があるといわれていて、比較的予後っ両行な疾患と考えられています。
 


ご家族の方へ
 
子どもが自分で麻痺を訴えることは少なく、親が気づくことが多い症状でもあります。泣いた時や笑った時に表情が違うという心配がありましたら、一度小児科へご相談ください。

心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.05.07

    コアラ小児科の開業場所や理念について...

    54 VIEW

  • 2021.06.04

    【書籍解説】マンガでわかる!子どものアトピー性皮膚炎のケア【小児科医名...

    34 VIEW

  • 2021.05.28

    気管支喘息を模型で解説!喘息の悪循環とは?...

    32 VIEW

  • 2021.05.21

    自宅でできるおねしょの治療法!夜尿症の診断と治療について解説🚻...

    30 VIEW

  • 2021.06.11

    予防接種スケジュールのコツを解説...

    21 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

一般診療 午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00
午後 15:00~19:00 15:00~19:00 15:00~18:00 15:00~19:00
予防接種・
   乳幼児健診
14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 14:00~15:00 12:30~13:30
心理士外来 ☆第1,3,5週
9:30~11:30
専門外来
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~18:00

18:00〜19:00

15:00~19:00

9:30~12:00

9:00~9:30

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種は一般診療時間でも接種可能です。
(詳細は予約ページでご確認ください)
※「こころの外来」の初診は水曜日18時~19時を受診してください。
2回目以降は土曜日や心理士外来(自費診療)を受診可能です。