コラム

TOP > コラム > 肘内障

2020.10.16

肘内障



肘内障とは
 
肘内障は、手を握られた状態で強く引っ張られることで発生しやすい病気の一つです。前腕には橈骨と尺骨という2本の骨がありますが、手を引っ張ることで橈骨についている輪状靭帯が橈骨からずれてはずれる疾患です。肘関節の亜脱臼です。主に2歳から4歳で起こりやすく、成人ではほとんどみられません。稀に繰り返すことがあります。
 


症状

典型的な症状は、腕をダランと下げて動かさなくなります。これは、下げた状態にしていると痛みがないからです。泣き止んでいても治っているわけではありません。バンザイのように手をあげることは当然できません。
 


診断・治療
 
診断は問診と触診で行います。
この時に大切なことは、骨折の有無を確認することです。骨折が否定できない場合はレントゲンで画像撮影を行います。骨折を認めた場合は整形外科で治療を受ける必要があります。
関節を元に戻す整復は、麻酔をかけずに簡単にできることが多いですが、必ず医師に整復してもらうようにしましょう。肘関節の橈骨を抑えた状態で前腕を回内され、屈曲すると靭帯が再び橈骨に収まります。
 


ご家族の方へ
 
整復後はいつも通りに過ごしていただいて問題ありません。何度も繰り返す場合には骨や靭帯に問題がある場合もありますので、整形外科に相談することがおすすめです。


心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.08.21

    コアラ小児科アレルギー科院内紹介!...

    68 VIEW

  • 2021.07.20

    熱性けいれんの対応法

    33 VIEW

  • 2020.07.17

    ミルクの種類(アレルギーミルクなど)...

    30 VIEW

  • 2020.04.20

    食物アレルギー

    9 VIEW

  • 2021.04.14

    正しい浣腸と綿棒浣腸の方法を動画で解説!...

    8 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

診療時間

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種と乳幼児健診を同時に受ける場合は、同日の予防接種枠と乳幼児健診枠の2つをご予約してください。
※心理士外来(自費診療)をご希望の場合はまず、水曜日の「こころの外来」を受診してください。