コラム

TOP > コラム > 腸重積

2020.07.03

腸重積



腸重積とは
 
腸重積は、口側の腸管が肛門側の腸管に入り込み腸閉塞になる病気です。生後4か月から2歳程度までの子どもがかかることが多いです。1000人に2-4人程度の頻度といわれ、比較的頻度の高い病気です。一度腸重積を起こした子どもの10%は再発します。
胃腸炎や風邪をきっかけになり発症することが多いです。ポリープやメッケル憩室などの病気が原因となる場合もあります。



症状 

突然火がついたように腹痛で泣き、その後泣き止むという間欠的啼泣を繰り返します。嘔吐することもあります。排便するとイチゴジャム様の粘血便が出現します。非典型的な経過となることもあり、注意が必要です。



診断
 
症状が特徴的ではありますが、腹痛、嘔吐、粘血便の全ての症状が揃うのは全体の40%程度といわれています。診察によって、入り込んだ腸管が固く腫瘤状に触れることがあります。疑った場合は超音波検査を行い、腸管の中に腸管が入っている画像(Target sign)で診断することができます。腹部レントゲンでは確定診断することは難しいことが多いです。
超音波でも診断することが難しい場合もあるため、腹部CTで診断される場合もあります。



治療
 
1.高圧浣腸(非観血的整復術)
中規模以上の病院で行うことが多い内科的治療法です。肛門からチューブを挿入し、腸管に圧力をかけることで、入り込んだ腸管を押し戻します。造影剤を用いる場合や空気で押す方法が代表的です。
整復中に腸管に穴が開くリスクがあるため、十分に注意して治療する必要があります。

2.開腹手術(観血的整復術)
高圧浣腸で改善が認められない症例に関しては、開腹手術を行い、入り込んだ腸管を押し戻します。


心と体の健康を見守る街のお医者さん
コアラ小児科アレルギー科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-5
クリニックステーション浦和仲町2階

人気記事

  • 2021.08.21

    コアラ小児科アレルギー科院内紹介!...

    68 VIEW

  • 2021.07.20

    熱性けいれんの対応法

    33 VIEW

  • 2020.07.17

    ミルクの種類(アレルギーミルクなど)...

    30 VIEW

  • 2020.04.20

    食物アレルギー

    9 VIEW

  • 2021.04.14

    正しい浣腸と綿棒浣腸の方法を動画で解説!...

    8 VIEW

月別アーカイブ

月を選択

診療時間のご案内

診療時間

アレルギー外来  おねしょ外来  
こころの外来

※予防接種と乳幼児健診を同時に受ける場合は、同日の予防接種枠と乳幼児健診枠の2つをご予約してください。
※心理士外来(自費診療)をご希望の場合はまず、水曜日の「こころの外来」を受診してください。